TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~
TOEICの学習とは、日々の試行錯誤の積み重ねと言い換えられるのではないでしょうか。自分なりの勉強法を一緒に探していきましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしTOEIC公開テストで各パートの前半半分が全て正解できたとしたら・・・

もしTOEIC公開テストで各パートの前半半分が全て正解できたとしたら・・・


公開日:2014/09/26(金)


こんにちは。かなゆびです。

最近あることに気がつきました。
もし、TOEIC本試験で各パートの前半半分が自信を持って正解できるようになったら
何点位スコアが取れるのだろうと?

もちろん、そのときの問題やTOEIC学習への習熟度にもよると思いますが、
恐らく700点は超えると思っています。

つまり、私のようにまだやっと600点ちょっとのスコアに達したものは
各パート前半の問題はいつでも満点が取れるように日々の学習を
することが結果的にスコアを伸ばせるのではないかと考えました。

そこで、今後は基本的に総合問題集の前半のみ使い問題を
解いていこうと思っています。

ただし、Part7は鬼門のパートですよね。
一応の基準としては、シングルパッセージ4問+e-mailの問題を
考えています。

ダブルパッセージは、最初の1問を解こうと思っています。

TOEICの試験においてのタイムマネジメントのスキルはとても重要です。
そのポイントは、いかに易しめの問題を短時間で正解できるかに
かかっています。

余った時間を手ごわい問題に費やすのです。

これから更にTOEICの学習がより楽しくなりそうです。


人気ブログランキングに参加しています。現在の順位は↓からご確認いただけます。


関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。