TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~
TOEICの学習とは、日々の試行錯誤の積み重ねと言い換えられるのではないでしょうか。自分なりの勉強法を一緒に探していきましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


復習の成果は問題を解くことによって確認する

復習の成果は問題を解くことによって確認する


公開日:2014/10/04(土)


こんにちは。かなゆびです。

TOEICの試験はどのスコアの人でも
同じ問題を解きます。

つまり、英検のようにレベルによって
問題が変わることはないのです。

戦略の一つとして、常に考えなければならないのが
基本的な問題で失点しないというこです。

人間は忘れる生き物ですから、基本的な問題でも定期的に
記憶のメンテナンスをしてあげる必要があります。

ただ、現実的に基本的な問題というのは自分にとって
当たり前に解ける問題ですので、この種の問題ばかり解いていると
少し飽きてしまします。

まずは、日頃から問題を解いた後それぞれの問題に自分なりに
重み付けをつけておくのが良いと思います。

そして、日頃の復習はあくまでまだきちんと理解できていない
問題に対して行い、一度OKになった問題は総合問題で
出会うことによって復習していくのが現実的でしょう。
1日に使える時間は限られていますから。

もちろん、公開試験1週間前にはもう1度
確認することはした方が安全だと思いますが。

今回の観点からも定期的に総合問題を解くことは
重要だと実感するようになってきました。

総合問題は常に新規の問題でなくて良いのです。
2回目3回目の問題でも間違う部分があれば
それが自分にとって学びどころなのだと思います。

当たり前のことかもしれないですが、やっとTOEICの学習においても
復習の重要性を実感できるようになりました。


人気ブログランキングに参加しています。現在の順位は↓からご確認いただけます。


関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。