FC2ブログ
TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~
TOEICの学習とは、日々の試行錯誤の積み重ねと言い換えられるのではないでしょうか。自分なりの勉強法を一緒に探していきましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Part1は毎日一定量をディクテーションしています

Part1は毎日一定量をディクテーションしています


公開日:2014/10/09(木)


こんにちは。かなゆびです。

Part1の学習ですが、学習のサイクルが安定してきました。

まずは、「問題を解く」ことが学習のスタートになります。
基本的に問題は10問を1セットとして解きます。

そして答え合わせをするのですが、不正解だった問題はディクテーション
の対象として管理していきます。

全部の問題をディクテーションできれば良いのですが、
如何せん時間がかかるので、ディクテーションの範囲を絞っています。

また、とりあえず消去法で正解になった問題も対象外にしています。
(もちろん、ディクテーションする問題が無くなったら対象に加えることも検討します。)

ディクテーションは10回行います。
1つずつの英文を10回ディクテーションするのではなく、
私の場合は4問1セットで行っています。

4つのセンテンスを少しずつ埋めていく感じです。

実は、この方法はとてもメリットを感じています。
一つのセンテンスでも自分の聴き取れている音と
聴き取れていない音を強く認識できるからです。

ここで一言一句書き取れたセンテンスはOKとします。
少しでも書き取れなかったセンテンスは別途管理対象としています。

それらは別途、コピー用紙に英文と日本語を書いて
日々の復習すべくクリアフォルダーに収納します。

ちなみに、知らなかったフレーズや英単語は
全部の問題について調て暗記していきます。

問題集の写真と解答は既にコピーしていますので、
PROCKEYを使って調べた内容を書き出しています。

これらの問題は一定期間後にまた解き直しますが、
それまでは覚えるべき英単語リストに役割を変えるのです。

Part1はやっぱり単語を知らなければ消去法でも
対応できない問題があります。

地道に問題を解きながらPart1特有の表現をストックしていきたいものです。

ちなみに、目標は1週間で2セットのPart1をマスターしていく予定です。


人気ブログランキングに参加しています。現在の順位は↓からご確認いただけます。



関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。