TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~
TOEICの学習とは、日々の試行錯誤の積み重ねと言い換えられるのではないでしょうか。自分なりの勉強法を一緒に探していきましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


復習の際の英文は文型を意識しながら読む

復習の際の英文は文型を意識しながら読む


公開日:2014/10/10(金)


こんにちは。かなゆびです。

2014年10月4日・5日に行われた
「第3回 2日間で攻略!ヒロ前田のTOEIC(R)リーディングパート5&6セミナー」
に参加したことをきっかけに毎日、Part5を学習する習慣が身につきました。

私にとっては良いきっかけになったセミナーでした。

セミナーでもおっしゃっていましたが、Part5は問題を解くことも重要ですが、
問題を解いた後の復習がもっと重要です。

一言で言うならば、いかに丁寧に文章が読めるかが重要なんだと思います。

そこで、私もまずは5文型を意識しながら英文を読んでいます。

具体的には、クリアファイル学習法によって、教材を全てコピーしております。
そこで、英文に先日ご紹介いたしましたPROCKEYを使って、
「S」「V」「O」「C」「M」「/」「(  )」などを書き込んでいます。

最近は「句」や「節」にも目がいくようになりました。

同時に、英文で出会った英単語やフレーズも覚えるようにしています。
とりあえず、瞬時に反応できる英単語の数が少なすぎますので。

実は、ここまでがスタートラインなんだと思っています。

あとは、いかに細かい論点(例えば、前置詞や動詞との相性など)
に意識を向けられるかが英語力の基礎となって蓄積されていくのだと
最近感じるようになりました。

最終的には、該当する英文を高速に読んで瞬時に意味がイメージ
できるまで音読を繰り返す予定です。

今までは、英文を読む量が圧倒的に少なすぎました。

まずは、Part5の文章を使って日々の学習の中に
英文を読むという行為を取り入れていきたいものです。


人気ブログランキングに参加しています。現在の順位は↓からご確認いただけます。



関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。