FC2ブログ
TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~
TOEICの学習とは、日々の試行錯誤の積み重ねと言い換えられるのではないでしょうか。自分なりの勉強法を一緒に探していきましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熟語と英文法についての疑問!
こんにちは。かなゆびです。

英語は動詞を中心の言語と言われています。
私も最近はやっと動詞を強く意識しながら英文を
読んだり聴くことができるようになりました。

また、5文型も意識しながら英文と接することが
できるようになりました。

もちろん、まだまだ意識できるようになったレベルですが。

そこで、今日熟語についてとっても疑問が湧いてきました。

文型を意識し過ぎると何となく熟語がしっくりこないのです。
そこで、いろいろネットサーフィンを調べてみました。

そしたらとても腑に落ちる説明をされている方がいらっしゃいました。

つまり、日本語と英語の動詞に対する考え方がそもそも違うのだと。
日本語は「動作」に重きがおいてあるが、英語は「動作」と「報告」で
表現するのだと。

例えば、

Many people are waiting in line for a taxi.
(多くの人が一列にタクシーを待っている)

という英文があるときに文型を理解したら
「are waiting in line(一列に待っている)」
とかたまりで覚えてしまうのが良いとだという
ことだと感じました。

日本語だと「一列に待っている」という前に「タクシーを」
という目的語が入るのでちょっと複雑ですよね。
実は、英文の方が語順がわかりやすいのかもしれないと感じました。

今更ながら、英文をかたまりで覚えることの重要性の意義を
理解できたような気がしています。

土曜日はIPテストなので、明日明後日で少しでも多くの英文と接したいと
思っています。


◆応援と励ましのポチをいただけると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。