FC2ブログ
TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~
TOEICの学習とは、日々の試行錯誤の積み重ねと言い換えられるのではないでしょうか。自分なりの勉強法を一緒に探していきましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


設問に対する瞬発力を上げる?
こんにちは。かなゆびです。

最近、Part2対策として
神崎正哉さんの本「出まくりリスニング」
の音声をかなり聴いています。

この教材は、主にPart2の設問と正解の選択肢
が300個掲載されています。

ずっと、何で設問と正解の選択肢を聴き込むことが
良いのか疑問に思っていました。

今日電車の中で音声を聴いていたら、
何となくその答えが分かって気がします。

一番の効果は、パターンを身体で体得できるということでは
ないでしょうか。

身体に染み込ませることが出来た音声は
瞬時に反応することができるものです。

TOEICにおいては、いかに瞬時に解ける問題を
日頃の勉強で増やせることができるかが重要になります。

今日は300個の音声を全て聴きました。

これからは、強く意識することによって
出まくりリスニングを1日1周してみようと
思っています。

もちろん、多聴と同時に精聴もしていきますが。

先日、porporさんのセミナーに参加させて
いただいたときに、同じ教材を何度も繰り返す
一つのメリットは、復習時間が少なくすることが
できるというメリットがあるということを学びました。

確かに、私にとってこのことばはとっても自分の中にも腑に落ちました。

9月のTOEICまでには出まくりリスニングは一旦自分のものに
したいと考えています。

やはりPart2は得点源にしたいので。



人気ブログランキングに参加しています。現在の順位は↓からご確認いただけます。



関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。