TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~
TOEICの学習とは、日々の試行錯誤の積み重ねと言い換えられるのではないでしょうか。自分なりの勉強法を一緒に探していきましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分だけの問題集を作る?
こんにちは。かなゆびです。

そういえば、2014年10月のTOEIC試験の申し込み受付も
始まりましたね。受験を考えている皆様は既に申し込みを
されましたか?私は既に申し込みを済ませました。

さて、TOEICerの方々のブログやお話をうかがっていると
試験までにしたほうが良いと思うあることに気がつきます。

それは、間違いノートの作成です。

地域によって異なりますが、私が受験している東京都は
年間10回の受験チャンスがあります。
IPテストを含めると1ヶ月に1回以上受験チャンスがあります。

私のTOEICスコアが伸び悩んでいる一つの原因は、
試験までに「この項目や問題は完璧にした」と思えるような
勉強をしていないからだと思っています。

時間はかかる勉強法かもしれませんが、
結局は自分にとって当たり前に正解できる
問題やパターンを一つ一つ積み重ねていくしか
ないと思うんです。

最初はかなり不安になりますが。

その一つの方法が一冊の問題集をやり込むということだと思います。

TOEICは英検などと違って、どのスコアの人も同じ問題を解きます。

つまり、簡単な自分にとって簡単な問題も定期的に勉強しておかないと、
試験当日で足をすくわれる可能性があるのです。

これは、上級者の方々が行っている総合問題を定期的に解くという
方法を用いれば良いと思います。

私の場合は、問題を解いて何回も復習をした後自分にとってしっくり
こない問題と解説をコピーして、自分なりの問題集を作ろうと思っています。

とはいっても、最初は多くの問題を難しく感じてしまうものです。
つまり、復習不足が原因のことも多いのです。

7月のトミプロに参加させていただいて気づいたのは、
同じ問題を10回ほど解くと良いということです。
(実際はそれ以下でも良いと思うのですが、正確な回数が思い出せないので
キリの良い10回にしました。)

復習で大切なのは、解答プロセスを自分なりに構築することができるかどうです。

私は今月は9月23日にIPテストを受験してから9月28日のTOEICを受験します。

どれだけの問題をストックできるか分からないですが、
それらのストックした問題集を前日と当日の試験前に
復習をしたいと思っています。

特に、試験当日って復習しているようであまり頭の中に
入っていないと感じているので。



人気ブログランキングに参加しています。現在の順位は↓からご確認いただけます。



関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。