FC2ブログ
TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~
TOEICの学習とは、日々の試行錯誤の積み重ねと言い換えられるのではないでしょうか。自分なりの勉強法を一緒に探していきましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スケジューリングの方法

スケジューリングの方法


公開日:2014/09/15(月) 更新日:2014/10/08(水)


おかげさまで、「人気ブログランキング」のTOEIC部門で上位にランキングさせていただいております。
今後とも、皆様に愛されるブログに育てていきたいと考えております。
どうか応援クリックをお願いいたします。





TOEICをはじめ、学習の波に乗れる人は勉強のスケジューリング
を立てることが上手い人が多い気がします。

人間は忘れる生き物なので、油断しているとすぐに忘れてしまいます。
定期的に復習することが学習においてとても重要な行為なのです。

自分にとって当たり前だと思える論点を増やしていくことによって
それぞれの論点に相関関係が生まれ、記憶も残りやすくなるものです。

以前、どれくらいで記憶が定着するのかテストをしてみたことがあります。
しかし、記憶のテストというのはかなり根気がいる作業です。
正直、途中で挫折してしまいました。

ただし、私の場合は最低でも7回。
基本的には10回以上復習が必要だと実感しています。

英単語の暗記に関しては、14日連続して復習しても
覚えられなかった単語も多々あったくらいです(汗)。

復習は毎日全てをできれば良いのですが、現実的でもありません。

そこで、今日は落語家の立川談笑さんが提唱されいている
「大量記憶術」の動画をご紹介いたします。







暗記の特性に関しては、エビングハウスの忘却曲線が有名ですが、
そもそも私の場合は、「暗記」の方法」をもう一度見直す必要があるのかもしれません。

記憶に関していうならば、この動画のポイントは「一旦意識からそらす」ということだと思います。

また、気づいたことがあればブログに書きたいと思っています。


人気ブログランキングに参加しています。現在の順位は↓からご確認いただけます。



関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。