TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~
TOEICの学習とは、日々の試行錯誤の積み重ねと言い換えられるのではないでしょうか。自分なりの勉強法を一緒に探していきましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


復習は2種類あります
こんにちは。かなゆびです。

TOEICの学習においても復習することが学習の要になります。
もしかしたら、勉強とは復習のことを指すのかもしれません。

しかし、私は復習が大の苦手です。
自分が間違えた箇所を改めて認識するのが
嫌なんですよね。

きっと、勉強に対する成功体験が少ないからだと思います。

しかし、最近復習には2種類あることに気がついてから
今までの復習のトラウマから開放されました(笑)。

私が考える復習とは次の2つです。

(1)間違えた問題を正解できるようになるための復習

(2)正解できる項目をいつでも正解できるようにするための復習

 *つまり、保持するための復習です。

勉強ってこの2つをバランス良くしないといけないと
最近気づきました。

特に(2)に関しては、本当に短時間で行うことができます。

当たり前に出来る問題数を増やせば、その分時間を稼げます。
正解率も上がります。

結局まだ新公式問題集には着手できていないのですが、
10月に向けてはこの視点を取り入れながら新公式問題集も
マスターしていきたいと思っています。


人気ブログランキングに参加しています。現在の順位は↓からご確認いただけます。




関連記事
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © TOEICの理想と現実!~自分なりの勉強法を探し求めて!~. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。